ワールドカップが開かれた

サッカー大国ブラジルで念願のワールドカップが開幕しました。開幕以前からワールドカップの開催予定会場の建設遅延などについてメディアで懸念する声が出ていましたが、なんとか予定通りに開幕をすることができました。日本は地球の裏側であることから、一体どれだけの人たちが応援に駆けつけるのかという心配もありましたが、意外と多くの日本人が現地へ駆けつけて応援をしている姿が放送されました、ブラジルは日本人が戦後移り住んだ国であり、日系人が多く住む国であります。ブラジルのW杯は日系人も心待ちにしており、日本とブラジルが融和することができたW杯でありました。日本チームは一生も挙げることができず、予選敗退という屈辱を味わう結果となりましたが、現在各国が次々と決勝リーグ進出を決めており、まだまだこれからといったところであります。このワールドカップでは、日本人のサポーターの行いがメディアで取り上げられました。すでに20世紀の頃から日本のサポーターたちは会場を後にするときにはゴミを拾っていますが、今回はこのような日本人サポーターたちの行動に地元ブラジル陣たちが共感し、日本人とブラジル人サポーターたちが仲良くゴミ拾いをして会場を後にする姿がメディアで取り上げられました。日本人観光客に対する窃盗が相次いで報道される中で、一時の心温まるニュースが報道されたことは、両国にとって大変よい効果をもたらしたと言えます。現在決勝リーグが進行中で、一次リーグを突破した強豪たちが熱い戦いを繰り広げています。ブラジルへ行くには約24時間のフライトが必要ですが、それでも情熱の国、そしてサッカー王国へ行き、本場の熱気を感じた思いでというのは、一生忘れることのない思い出になるでしょう。まだまだ試合わ継続中ではあり、ブラジルは熱気に包まれている状況です。W杯もオリンピックと同様に4年に一度の大会なので、選手たちはスキルを磨いて万全の体制で望んでいます。

ページのトップへ戻る